無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

~4話~ …
ごめんなさい!3話と4話の順番を間違えました!😭
これは4話です!次の3話を先に見てください!
ごめんなさい😭




















────────────────────────





それからあなたとコブラはイトカンで趣味やらを話していた
コブラ
コブラ
お前って何が得意なんだ?
あなた

うーん、特に趣味はないけどなー

あなた

得意なことなら

コブラ
コブラ
なんだ?
あなた

まだガキの時、父親がいてさ
2歳くらいの時いなくなったんだよ

あなた

兄貴に理由聞いてるけど教えてくれない

コブラ
コブラ
そうなのか
あなた

だから、中学入ってから喧嘩ばっか笑笑
父親のことは全然記憶にない

あなた

コブラ
コブラ
(ん?)そ、そうなのか…
コブラ
コブラ
辛いことがあったらいつでも言えよ
あなた

ありがと…

あなた

じゃ、うち帰るね
兄貴がまた怒ってくる

コブラ
コブラ
そうだな
気をつけろよ
あなた

うん、じゃ

あなたが鬼邪高へ帰った
コブラ
コブラ
まあ、さっきあいつ顔色おかしくなかったか?
ダン
ダン
確かに、俺も思ったわ
チハル
チハル
ですよね
コブラ
コブラ
チハル、わかってる限りのことを全部話せ
チハル
チハル
え、でもあなたが…
コブラ
コブラ
あいつはいい
事情は伝える
チハル
チハル
はい
あいつの父親はいなくなったのは確かですが亡くなった訳ではないんです
ギャンブルで毎日母親を殴っていました
それからさおりが生まれ落ち着いたと思えばまた殴りの一点張りで…
とうとうあなたにも手を出そうとして
母親は毎日あなたをつれて死のうとしたことか…と言ってました
確かにあなたには記憶が無いと思いますが微かに残っていたのでしょうね…
コブラ
コブラ
あいつにそんなことがな…
コブラ
コブラ
村山は知ってるのか?
チハル
チハル
はい、一緒に話を聞きました
コブラ
コブラ
とにかく、あなたにはできるだけサポートをしてやろう
山王連合会
だな