無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第42話

#28
*あなたside


美味しいいちごタルトを食べ終わったら…
あなた
水族館…?
伊野尾慧
そう!あなたこの前、玲くんと行こうとしてたけど仕事入って行けなかったんでしょ?
あなた
なんで知ってるの!?
この前、テレビで水族館特集を見て玲と行こうって約束してたけど私が仕事入っちゃって…。

玲に謝る時はちゃんと楽屋から出て電話したんだけどな?
伊野尾慧
行けなくなったあと、全然休みなかったからまだ行ってないのかなぁ?って思って
伊野尾慧
ボソッ)玲くんとじゃなくて俺と行って欲しかったから…
あなた
え?何か言った?
伊野尾慧
ううん。なんにも言ってないよ?
なんにも言ってないって言ってるけどなんか言ってたよね?

なんて言ってたんだろ…?

そんなこと考えてる暇もなく伊野ちゃんがチケットをいつの間にか買ってきてくれてて…

お金払うって言ったのに、デートだから男が払うの!って…。

なんだか、お礼をしたくて約束したのに申し訳ないなぁ



水族館の中は平日だからか、あんまり混んでなくて魚たちを間近で見ることが出来た。
伊野尾慧
キレイだね…
あなた
そうだね…!
伊野尾慧
なんのことだと思ってる?
あなた
え?魚じゃないの?
伊野尾慧
違うよ、俺はあなたが綺麗だねって言ったんだよ?笑
あなた
…!?///
なんか、今日の私おかしい…。

こんな冗談くらい毎日聞いてるし、テキトーに笑ってるのに。

なんでだろう…?

なんて返したらいいか分からない。
あなた
…バカッ///

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひぃ
ひぃ
いちご王子とテキトー王子に 恋しました― やまださん… いつになったら迎えに来てくれるんですか?私はここでずっと待ってます。どこで道草くってるんですか? よそ見ばかりしないで?私だけを見て 伊野尾さん… テキトーなところ大好きです。 急な雄はキュンとします。ギャップは死にます。そのギャップはほかの仔には魅せないで… 自慢してくる同担さん苦手― 同担さんが苦手なんじゃない― 担当さんには私だけをみて欲しい― 永遠に私だけのものでいて¿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る