無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

雑誌のインタビュー お返し
Q,お返事をお願いします

山田
→ほんと!?奢ってくれるならいつでも行く!

知念
→いやいや、ちぃには敵わないです

中島
→いつでも変顔してあげるで!笑

岡本
→頑張り過ぎてないよ笑 大丈夫!

有岡
→いいよ!大ちゃんもう少し強くなったらね

伊野尾
→いつまで経っても、その日来ないよ

髙木
→水着買ってくれたら行く!

八乙女
→65?(あなたは少しバカです)


→お兄ちゃん大好き笑

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひぃ
ひぃ
いちご王子とテキトー王子に 恋しました― やまださん… いつになったら迎えに来てくれるんですか?私はここでずっと待ってます。どこで道草くってるんですか? よそ見ばかりしないで?私だけを見て 伊野尾さん… テキトーなところ大好きです。 急な雄はキュンとします。ギャップは死にます。そのギャップはほかの仔には魅せないで… 自慢してくる同担さん苦手― 同担さんが苦手なんじゃない― 担当さんには私だけをみて欲しい― 永遠に私だけのものでいて¿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る