無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

#16
*涼介side


MCになった時、最初に話題になったのは
やっぱりあの事。

俺も、よく分からないから気になる…
伊野尾慧
ねぇあなた!?
さっき、山田になにした!?
いのちゃんが、すごい勢いであいつに聞く。

それを聞いて思い出したのか、どんどん真っ赤になってくあいつの顔。

ほんと面白い
あなた
え…?あの…。
ほっぺにキスしました…。
知念侑李
何してるの?
伊野尾慧
そうだよ!
俺の姫なのに!!山田にするなんて!
あなた
いや違うの!
うちわに1番近い人にキスしてって書いてあったの!!
知念侑李
僕も近かったじゃん!
あなた
え?そうだった?
山田涼介
山田涼介
まぁ、俺の方が良かったってことだよ
伊野尾慧
どこにあったの?そのうちわ!
俺、今からあなた連れて行く!
あなた
いや、無理だよ
知念侑李
僕も行く!
中島裕翔
え〜?じゃあ俺も行く~!
有岡大貴
俺も!!
あ〜あ、言う事聞かない人達が言い出しちゃったんだったらもうするしかないな。

俺だけの特権だったのに…

てか、いのちゃんは勝手に探しに走っちゃったし…。

JUMPってまとまらないな~笑
知念侑李
そのうちわ持ってるよ〜って方いたら全力でうちわ振ってくださ〜い!
勝手に進行してるし…。

薮くんももう手につけられないって諦め。
伊野尾慧
あ〜!見つけた~!!
伊野尾慧
あなた〜!ここ来て!!
あなた
え〜。なんで見つけるのさ…
知念侑李
はいは〜い!僕が連れてきま〜す!
勝手に連れていきやがったし…。

何気にみんな一緒に行ってるし…。

結局、みんな大好きじゃんか笑
あなた
あの、来たのはいいけど。
私今から全員にする訳?
JUMP
もちろん!
こういう時だけ、気が合うんだよね。
あなた
はぁ〜。
もう、するしかない状況じゃん…。
そう言っても、ちゃんと全員にしてくれるあなたは優しい。

その度に、会場から黄色い声が聞こえてくるのはちょっと面白い笑
薮宏太
ほら、もう終わったでしょ?
後半戦始めるよ?
JUMP
は〜い!!
あなた
…は〜い。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひぃ
ひぃ
いちご王子とテキトー王子に 恋しました― やまださん… いつになったら迎えに来てくれるんですか?私はここでずっと待ってます。どこで道草くってるんですか? よそ見ばかりしないで?私だけを見て 伊野尾さん… テキトーなところ大好きです。 急な雄はキュンとします。ギャップは死にます。そのギャップはほかの仔には魅せないで… 自慢してくる同担さん苦手― 同担さんが苦手なんじゃない― 担当さんには私だけをみて欲しい― 永遠に私だけのものでいて¿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る