無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

#29
*あなたside



水族館から出ると出るともう暗くなってた。

やっぱり冬なだけあって、昼だったら大丈夫だったこの服装も夜になるとさすがに寒い…

あなた
クシュン
さっきからくしゃみが止まらない。

こうたにぃと光くんの言うこと聞いてればよかった。



ふわっといい香りに包まれた。
伊野尾慧
ほら、
風邪ひくよ?
あなた
それじゃあ伊野ちゃんが風邪ひいちゃうよ…
伊野尾慧
ふふ〜ん!あなたが寒そうな格好してくるの分かってたから暖かい格好してきたから大丈夫
そう言ってピースサインをしてきて得意気な顔。
あなた
じゃあ借りててもいい?
伊野尾慧
もちろん!
伊野ちゃんに服借りるの何回目だろう

小さい頃を入れたらもう数えきれない…


だからかな…?

伊野ちゃんの香りって安心するし好きな香り…。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひぃ
ひぃ
いちご王子とテキトー王子に 恋しました― やまださん… いつになったら迎えに来てくれるんですか?私はここでずっと待ってます。どこで道草くってるんですか? よそ見ばかりしないで?私だけを見て 伊野尾さん… テキトーなところ大好きです。 急な雄はキュンとします。ギャップは死にます。そのギャップはほかの仔には魅せないで… 自慢してくる同担さん苦手― 同担さんが苦手なんじゃない― 担当さんには私だけをみて欲しい― 永遠に私だけのものでいて¿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る