無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

#24
*あなたside
部屋を出ようとしたら

ちょうど伊野ちゃんが息を切らして帰って来た
伊野尾慧
ちょっとみんな集めて
あなた
涼介が居ないんだけど…
伊野尾慧
ちょ俺疲れたから誰か探して
知念侑李
僕が行くよ
なんとなく分かるから
それからちょっとしたら

めっちゃ機嫌の悪い涼介とそれを見て笑ってるちぃが帰ってきた
伊野尾慧
待って山田まだ機嫌悪いの?
伊野尾慧
まあいっか。
あなたの衣装が破けた理由だけど…
伊野ちゃんから話を聞いたところ

スタッフさんの中にJUMPのファンがいたらしい。

それでデビューの時から私のことを気に入らなかったのに

今日のライブでみんなの行動見ていたらもっとイラついちゃったらしくて…。

ゴミを取るふりをしてハサミで切ったらしい…。



…え?

結局、私のせいじゃん…

私がJUMPとしてデビューしたから…?

いつも迷惑かけるのは私だ…
知念侑李
あなたのせいじゃないからね!?
私の心を見破ったかのように言ってくれる
岡本圭人
迷惑なんて思ってないからね
中島裕翔
俺達は大丈夫だからね?
とりんとりんはほんとに優しい…

そんなこと言われたら甘えちゃうよ…
伊野尾慧
言わなくても良かったんだけど…
伊野尾慧
言わないとあなた怒るだろうし…
あなた
うん…
ありがとう
伊野尾慧
これからこういうことがなくなって欲しいし…
伊野尾慧
あなたの不注意じゃないって証明したくて
そんなことでこんなに走り回ってくれたの?

スタッフ何人いると思ってるの?

余裕で全員合わせたら100人はいるよ?

服を貸してくれただけじゃなくてみんなに聞いて回ってくれたの?

私のためだけに…?

ほんとに感謝しきれない
あなた
ごめんね?伊野ちゃん
伊野尾慧
言ったでしょ?
こういう時は?
あなた
ありがとう…//
伊野尾慧
ほら山田も
結局、俺が助けに入ったから何事にもならなかったしあなたの不注意じゃなかったんだし
あなた
あの…ごめん
山田涼介
山田涼介
…俺も悪かった。
あなたの不注意って決めつけて
ごめん…
知念侑李
はい!仲直り完了!
あなた
伊野ちゃんもほんとにありがと!
お礼したいんだけど…
伊野尾慧
う〜ん…
あなた
なんでもいいよ!?
伊野尾慧
ほんとに…?
あなた
もちろん!
伊野尾慧
じゃあデートして?

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ひぃ
ひぃ
いちご王子とテキトー王子に 恋しました― やまださん… いつになったら迎えに来てくれるんですか?私はここでずっと待ってます。どこで道草くってるんですか? よそ見ばかりしないで?私だけを見て 伊野尾さん… テキトーなところ大好きです。 急な雄はキュンとします。ギャップは死にます。そのギャップはほかの仔には魅せないで… 自慢してくる同担さん苦手― 同担さんが苦手なんじゃない― 担当さんには私だけをみて欲しい― 永遠に私だけのものでいて¿
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る