無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1話 担当歌葉
あなたside

Sexy Zoneになる。
その事実が私の気持ちを複雑にさせる。

ジャニーズと関わりが持てるを
でもファンとしてメンバーになったりするのは違反な気がする。


.........よし。オタ卒しよう。


オタ卒してやるからにはしっかりやろう。





あなた

(よし!頑張ろう!!)

ジャニーさん
じゃあ、you達頑張ってね。坂本君よろしく頼んだよ。
坂本
了解です。じゃあ6人とも移動しようか。
そう言われて言った部屋はレッスン室。
坂本
まずは自己紹介。
僕はSexy Zoneのマネージャーを務めてる坂本彼方です。
これからよろしくね!
あなた

はっはい。

あなた

(めっちゃいい人そうだなぁ。)

風磨
いや待ってくださいよ。
女ですよ?!
認められるわけないじゃないですか!!
あなた

(流石ふまたん。プライド高め。
やっぱりジャニーズに女は.........ね…?)

健人
そーですよ。
やっと、こうして5人の絆が深まってきて、5周年を迎えたのに。
あなた

(確かにそーだよね。)

勝利
なんで今日なの。なんで今なの。
なんで女なの。なんでSexy Zoneなの。
なんで僕らがこんな思いをしなきゃいけないんですか。
坂本
.........。
坂本
でも、もう決まったことは変えられない。
あなた

(やっぱりそーだよね。)

言いたいことはわかるけど、まずは彼女の実力とか見てからにしよ?
マリウス
そーだよ。いろんなとこ見て決めよ?
健人
.........。
健人
そー、だよな。
じゃあ一応、自己紹介しよっか。