無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

4話 担当mahi♪
春休み私は翔兄ちゃんとオーディション会場にむかった。

翔兄ちゃんは私の自慢のお兄ちゃん!今は『嵐』として活動しているので出歩く際は変装していく。
愛奈翔
愛奈翔
お兄ちゃん、、、私1人でも大丈夫だよ。
愛奈翔
愛奈翔
(ちょっと不安だけど。)
ダメだ!今日に限っては送り迎えはさせろ!
愛奈翔
愛奈翔
分かった、、、。
いつも出かける時は心配してくれるお兄ちゃん。
オーディション会場につきお兄ちゃんと別れ控え室に向かった。
愛奈翔
愛奈翔
(うわー、、、多いよ〜涙)
スタッフが、来て簡単な説明が行われた。

番号順に呼ばれたらまず面接を行い、その後、短めのアフレコを行う。

合格者は、、、1名だけ、、、
愛奈翔
愛奈翔
(ふざけんなー!!)
私は15番。アフレコ用の台本を貰い練習をした。
愛奈翔
愛奈翔
(小声で練習しないと、、。)
お兄ちゃんが私のために応募してくれたから頑張るぞ。

タイトルは、、、少年ジャンプて連載している『バクマン。』か、、、

それの、、、ヒロインを選ぶんだ、、、

え?、、、ヒロイン??
愛奈翔
愛奈翔
(翔兄ちゃーーーーーん泣)
まじかよ。。。
愛奈翔
愛奈翔
(だから言わなかったのかー!!)
面接が終わり次はアフレコだ、、、
愛奈翔
愛奈翔
(あれ?もう決まってるメインキャストがいるんだけど、、、。)
愛奈翔
愛奈翔
(まさか試験監督って?!えっ。もう翔にぃちゃ~~~ん。)
その後私はとりあえず全力で演技をし控え室へ戻った。そうしてついに発表が来た。名前を呼ばれたのは、、、
愛奈翔
愛奈翔
(わ、私?)
こうして私の声優デビューが決まったのだ。