無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

3話 担当mahi♪
まずは注意書きの追加事項!
愛奈翔
愛奈翔
『これでLINEで話してる状態になります。』
愛奈翔
愛奈翔
「これはアニメのアフレコ、ドラマの撮影のセリフになります。」
勝利
何かと大変ですがよろしくおねがいします!
それから、事務所は原宿って書いたんですけど、渋谷にします。
遅いながら作者が渋谷と気がついたらしくて?
とにかく渋谷です!
健人
じゃあ本文にいくよー。

ちなみに注意書きを、書いてるのは歌葉の方ね〜。


ほんと俺ら使うって作者も人使い荒くなったよ。
歌葉
ごめんね?

では皆さん楽しんで!
mahi♪
はい!てことで私か書きまーすwww
愛奈翔side

その頃愛奈翔はと言うと、、、
愛奈翔
愛奈翔
「どうしてなの…私のこと…
嫌いとか言ったくせに!」
と素直な気持ちを伝えていますが…
これは演技ですw

今シュミレーションゲームのアフレコ撮影をしている。
「確かに言ったのかもしれない…
でも、僕はずっと君のことが好きでたまらなかったんだ!」
強い口調で主人公に伝える。

今一緒に共演してるのは私の憧れの存在。まもちゃんこと宮野真守さん。
何回か共演してくうちに『まもちゃん』『まなちゃん』とあだ名で呼べる仲になった。
監督
カット!OKです。お疲れ様でした。
宮野真守
お疲れ様です!
愛奈翔
愛奈翔
お疲れ様でした!
宮野真守
まなちゃんまた上手くなったでしょう。びっくりしちゃった。
愛奈翔
愛奈翔
いえいえ、まもちゃんのご指導のおかげです。
まもちゃんは照れ顔で笑った。

私にとってまもちゃんは声優という職業を教えてくれた人。
今声優として活躍できたのは翔にぃちゃんのおかげ。


高校生になる前の私は将来何になるかまだ決まっていなかった。

ー回想ー

兄とおなじアイドルになるか........っでも、お兄ちゃんのように大人気になれるとは思えない。

コンコンと誰かがドアを叩いた。
愛奈翔
愛奈翔
(誰だろ...にぃちゃん?)
入ってきたのは翔にぃちゃんだった。
愛奈翔
愛奈翔
どうしたの翔にぃちゃーん
すると紙を差し出した。
愛奈翔
愛奈翔
(なんだろこれ。)
受け取ると声優のオーディションだった。
愛奈翔
愛奈翔
これって...声優の?
愛奈翔
愛奈翔
(にぃちゃんが...笑ってる...こわいよ〜)
受けてみたら?声優にずっとなりたかったんだろ?
愛奈翔
愛奈翔
(にぃちゃんって...なんでもお見通しだね。)
私の考えてる事はしょうにぃちゃん以外誰もわからない。そもそも翔にぃちゃんはなんでわかるんだろう。
実は、俺の知り合いから声優のオーディションのことについて聞いたんだ。そしてここなら大丈夫だよって言われたんだ。
愛奈翔
愛奈翔
いいのかな受けても。
愛奈翔
愛奈翔
(不安になってきた。)
挑戦も大事だよ。
愛奈翔
愛奈翔
...わかった!受けてみる!