前の話
一覧へ
次の話

第1話

出会い
57
2021/08/31 14:47
   ‐‐‐‐‐‐‐
 ‐‐‐‐
《東髙田実業高校》
私にとって、憧れの高校だ。
部活が強くて、行事は楽しそうで、制服は可愛くて、校舎は綺麗。みんな、一度は入学する夢を見る高校。
そんな高校に、入学する。
松井 瞳
松井 瞳
お母さん、ごめん
松井 百合
松井 百合
いいのよ。あなたが行きたいところに行かせてあげたいから。
両親は、友良がお腹にいた頃に離婚した。原因は、父の不倫。父は、母が仕事に出ている時に、中学生くらいの女の子を部屋に連れ込んでいた。部屋から楽しそうな声が聞こえる理由が、まだ幼かった私には全くわからなかった。一度部屋を覗いたことがあるけれど、裸の女の子に父がかぶさっていた。

丁度その時に、母が妊娠の報告をするため家に帰ってきた。でも、報告…なんてわけにはいかず、母は唖然として、ショックで三日間熱を出してしまった。

そうして怒り狂った母は、自ら離婚を切り出し、高額な慰謝料を支払わせ、毎月養育費をぶんどっているのだ。

その話を聞かされたのは中学生になってからだったけれど、なんとなく記憶が蘇ってきた。




母は、女手一つで私と妹を育てあげ、会社では社長賞をもらい、40歳にして部長に君臨する女王様。母の実家は様々な施設の経営をしていて、東京郊外の大豪邸に住んでいる。

本当はそこからお金を貰えばいいものの、母は実家を毛嫌いしており、私たち姉妹は、祖父母に殆ど会ったことがない。

母の稼ぎがいいことと、父の養育費が毎月あることから、一度も苦労せず育ってきた。

けれど、第一志望校だった東髙田実業高校は、学費が年間60万円もかかる私立高校で、それらのお金があっても生活がカツカツになってしまう。
松井 百合
松井 百合
ほら、早く行きなさい。遅刻するわよ。
松井 瞳
松井 瞳
うん。行ってきます。
高校へは、電車を2回乗り換えて、最寄り駅についてからは徒歩10分。大体1時間くらい。
松井 瞳
松井 瞳
え。
着くと、門には外車が沢山。
松井 瞳
松井 瞳
みんな、車で通学してるの、?
価値観がまるで違う。


公立の中学に通っていた私からは考えられない。
それらから、制服を着た高校生が降りてきた。



なにこれ。こんなお金持ち学校だなんて、聞いてない。



高校からの入学枠はたったの30枠で、その枠を死ぬ気で勝ち取ったけれど、これじゃあ貧乏人だ。
松井 瞳
松井 瞳
馴染めるかな…
そんな時。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
あー、徒歩通学してるの発見!
林田 萌結
林田 萌結
ほんとだあ
幸村 夏目
幸村 夏目
ちょっと2人とも。騒がしいって
三人組が、瞳の方へ寄ってくる。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
あたし蘭!よろしくね!
松井 瞳
松井 瞳
あ、うん、よろしく…
幸村 夏目
幸村 夏目
蘭、先輩かもよ?
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
え、あ、先輩??
松井 瞳
松井 瞳
いや、1年です。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
じゃータメだ!
林田 萌結
林田 萌結
蘭、行くよ〜
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
はーい
萌結と蘭は、校門までの平坦な道をダッシュする。
幸村 夏目
幸村 夏目
騒がしいよね。
松井 瞳
松井 瞳
あはは…
幸村 夏目
幸村 夏目
うちら3人、今日が初対面なんだけどね。
松井 瞳
松井 瞳
え、初対面!?
初対面とは。
幸村 夏目
幸村 夏目
ちなみに私、夏目。よろしく。
松井 瞳
松井 瞳
あ、うん。私瞳。
夏目はフッと微笑む。
松井 瞳
松井 瞳
そ、それより、なんで2人はあんなに走って…
幸村 夏目
幸村 夏目
あー、神楽坂翔平?っていう芸能人を探しに。
松井 瞳
松井 瞳
神楽坂翔平、この学校の生徒なんだ。
幸村 夏目
幸村 夏目
そそそ。幼稚園から東髙田実業なんだって。
神楽坂翔平
子役出身の俳優で、雑誌の表紙もする程。


そんな人が、この学校に…
幸村 夏目
幸村 夏目
ファン?
松井 瞳
松井 瞳
妹がね。私はちょっと知ってるくらい。
幸村 夏目
幸村 夏目
へー。
校門が近づいてくると、沢山の女の子の甲高い声が聞こえてくる。
幸村 夏目
幸村 夏目
うちらは、先教室行こうか。
松井 瞳
松井 瞳
そうだね。
私たちは4人ともC組で、

C組の下駄箱を探した。
神楽坂 翔平
神楽坂 翔平
C組の下駄箱ってここ?
松井 瞳
松井 瞳
そうですけど…
神楽坂 翔平
神楽坂 翔平
そっかー。ありがと!
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
翔平くんどこー?
蘭たちの声が聞こえた。
神楽坂 翔平
神楽坂 翔平
あー、じゃ、僕いくね。
松井 瞳
松井 瞳
はぁ、
幸村 夏目
幸村 夏目
今の、知り合い?
松井 瞳
松井 瞳
いや。でも声に聞き覚えはあるかも。
幸村 夏目
幸村 夏目
そういえば、クラス表に神楽坂翔平の名前あったよ。
松井 瞳
松井 瞳
へぇー、あの2人喜ぶね。
幸村 夏目
幸村 夏目
探してたとこ見ると、まだ見てないみたいだけどね。
私たちは、神楽坂翔平を探す二人を横目に、校舎に入っていった。
幸村 夏目
幸村 夏目
わ、結構人いるね。
C組に入ると、大半が教室内にいた。
無意識に、神楽坂翔平の席を探してしまう。
松井 瞳
松井 瞳
(えーっと、1番廊下側の1番後ろ…)
松井 瞳
松井 瞳
(あ、あそこ!)
そこには、さっきの下駄箱男がいた。
松井 瞳
松井 瞳
え、下駄箱男!?
思わず指を指してしまった。
神楽坂 翔平
神楽坂 翔平
んー?あ、下駄箱ガールちゃん!
幸村 夏目
幸村 夏目
あ、あの人が神楽坂翔平…
騒いだばかりに、
既に席に座っている生徒たちの注目を浴びてしまった。
松井 瞳
松井 瞳
あ、いや、えっと…
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
えーっ!神楽坂翔平!!!
林田 萌結
林田 萌結
かっこいい…
神楽坂翔平の一件で悪目立ちしたものの、
入学式の日を無事終えることができた。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
瞳、一緒に帰ろ!
松井 瞳
松井 瞳
あ、うん。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
あたしカラオケ行きたーい
林田 萌結
林田 萌結
いいね〜
幸村 夏目
幸村 夏目
私パス。
林田 萌結
林田 萌結
え、なんで?
幸村 夏目
幸村 夏目
今日塾。
林田 萌結
林田 萌結
あ〜なるほど!瞳は?
松井 瞳
松井 瞳
あー、えっと、
松井 瞳
松井 瞳
(お金がないなんて言えないな…)
幸村 夏目
幸村 夏目
瞳も塾だよね?
松井 瞳
松井 瞳
え、
松井 瞳
松井 瞳
(もしかして、庇ってくれた?)
松井 瞳
松井 瞳
うん。ごめんね。
林田 萌結
林田 萌結
そっかあ〜
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
じゃーまた今度行こ!
松井 瞳
松井 瞳
うん。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
瞳ってどっち方面?
松井 瞳
松井 瞳
新宿方面。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
じゃあ、途中まで一緒だ!
林田 萌結
林田 萌結
私逆だ〜
幸村 夏目
幸村 夏目
私は徒歩だから。バイバイ
林田 萌結
林田 萌結
じゃあ私も行くね!ばいばーい
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
あたしたちも行こっか!
松井 瞳
松井 瞳
うん。
学校を出て、後楽園駅まで歩く。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
瞳は最寄りどこー?
松井 瞳
松井 瞳
えっと、祐天寺。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
そっか〜
松井 瞳
松井 瞳
蘭ちゃんは?
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
呼び捨てでいいよー
松井 瞳
松井 瞳
あー、ら、蘭は?
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
あたしは荻窪!
松井 瞳
松井 瞳
霞ヶ関まで一緒だね。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
うん!
駅に着いて、電車に乗る。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
瞳ってどこ中出身?
松井 瞳
松井 瞳
公立だから知らないと思うけど…
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
公立なんだ〜
松井 瞳
松井 瞳
蘭は?
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
明女!知ってる?
明女とは、明生女子のこと。

日本で1番偏差値が高い明生高校の女子中等部で、高校は男子校の明生には行けないから、確か啓明大啓明に進学するか、他の高校に進学するかの2択だった。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
啓明大啓明のはずだったんだけどさ〜お父さんが東髙田実業の卒業生で、東髙田実業に入れって。
松井 瞳
松井 瞳
お父さん、東髙田実業なんだ…
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
瞳の親は?
松井 瞳
松井 瞳
うちは、確かお母さん中学は明女だったと思う…
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
えー一緒だ!
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
啓明大啓明?
松井 瞳
松井 瞳
いや、京央渋谷だったかな、
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
京央渋谷かあ…
「次は、霞ヶ関ー」
松井 瞳
松井 瞳
あ、降りなくちゃ。
瀬尾 蘭
瀬尾 蘭
んだね!ばいばーい
松井 瞳
松井 瞳
また明日。
暫くして乗り換えて、一息つく。
工藤 太一
工藤 太一
あの、松井瞳さん?
松井 瞳
松井 瞳
ひっ
工藤 太一
工藤 太一
怪しいものではございません。
松井 瞳
松井 瞳
(いや、どうみても怪しいでしょうが…)
工藤 太一
工藤 太一
工藤塾を経営しております、工藤太一です。
松井 瞳
松井 瞳
工藤塾?
工藤 太一
工藤 太一
中学受験塾「進能研」の子会社です。はい名刺。
工藤太一

「工藤塾」経営者

電話番号……
松井 瞳
松井 瞳
塾の人が、なんですか?
工藤 太一
工藤 太一
君の入試結果、見させてもらったよ。
松井 瞳
松井 瞳
はぁ。
工藤 太一
工藤 太一
496点。中々取れる点数じゃないね。
松井 瞳
松井 瞳
あ、ありがとうございます。
松井 瞳
松井 瞳
ていうか、なんで入試の結果を…
工藤 太一
工藤 太一
僕の父が経営する「進能研」は、学校とも深い交友関係を結んでいるんだ。
工藤 太一
工藤 太一
それで、君の結果を見させてもらったのさ。
松井 瞳
松井 瞳
へ、へぇー
工藤 太一
工藤 太一
怪しいと思うなら、明日学校の先生に聞いてみな。
工藤 太一
工藤 太一
工藤太一って誰って。
松井 瞳
松井 瞳
え、それは…
工藤 太一
工藤 太一
それで、先生に僕のことを説明してもらったら、そこに書いてある住所においで。
工藤 太一
工藤 太一
きっと他の高校生もいるからさ。
松井 瞳
松井 瞳
はぁ、分かりました。
工藤 太一
工藤 太一
さすが東髙田実業!
工藤 太一
工藤 太一
飲み込みが早いね。
工藤 太一
工藤 太一
じゃあまた明日!
松井 瞳
松井 瞳
(何今の、不審者?)
松井 瞳
松井 瞳
(まぁいいや、明日先生に聞いてみるか。)

プリ小説オーディオドラマ