無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

これは六本木じゃない
五条先生
五条先生
行き先を発表します
五条先生
五条先生
六 本 木
野薔薇&悠仁
六 本 木 ?キュンキュン
(なまえ)
あなた
眠い…
五条先生
五条先生
はいあなた起きて!行くよー!



………………

伏黒
伏黒
いますね、呪い
(なまえ)
あなた
いるね、呪い
虎杖
虎杖
嘘つきー!!六本木ですらねー!!
釘崎
釘崎
地方民を弄びやがって!!
虎杖
虎杖
やっぱ墓とかって出やすいの?←切り替えた
五条先生
五条先生
でかい霊園があってさ、廃ビルとのダブルパンチで呪いが発生したってわけ
伏黒
伏黒
墓地そのものじゃなくて、墓地=怖いって思う人間の心の問題なんだよ
虎杖
虎杖
あー学校とかも似た理由だったな
(なまえ)
あなた
そーそー、そういう事だよ
釘崎
釘崎
ちょっと待ってコイツそんなことも知らないの?
伏黒
伏黒
実は…



………

釘崎
釘崎
飲み込んだぁ!?特級呪物を!?
釘崎
釘崎
きっしょ!!ありえない!!衛生概念キモすぎ!!
虎杖
虎杖
んだと?ピキッ
伏黒
伏黒
これは同感
(なまえ)
あなた
逆に凄いよね
五条先生
五条先生
君たちがどこまでできるか知りたい
五条先生
五条先生
ま、実地試験みたいなもんだね
五条先生
五条先生
野薔薇、悠仁
五条先生
五条先生
2人で建物内の呪いを祓って来てくれ
釘崎
釘崎
虎杖
虎杖
あれ、でも呪いは呪いでしか祓えないんだろ?俺呪術なんて使えねぇよ
五条先生
五条先生
君はもう半分呪いみたいなもんだから
五条先生
五条先生
体には呪力が流れているよ
五条先生
五条先生
ま、コントロールは一朝一夕じゃできないから、これ使いな
虎杖
虎杖
おぉ…
五条先生
五条先生
呪具『屠坐魔』
五条先生
五条先生
呪力の篭もった武器さ。これなら呪いにも効く
釘崎
釘崎
ダサ
(なまえ)
あなた
(??なんか見た事あるような感じする)
五条先生
五条先生
あーそれから宿儺は出しちゃ駄目だよ
五条先生
五条先生
あれを使えばその辺の呪いは瞬殺だけど、近くの人間も巻き込まれる
釘崎
釘崎
はやくしろよ



……………

伏黒
伏黒
やっぱ俺も行きますよ
五条先生
五条先生
無理しないの、病み上がりなんだから
(なまえ)
あなた
あれ、悠仁って要監視じゃなかったっけ
五条先生
五条先生
まぁね、でも今回試されてるのは野薔薇の方だよ

プルルルル…プルルルル…
(なまえ)
あなた
あ、私だ
(なまえ)
あなた
もしもし
(なまえ)
あなた
は?何でなんですか…
(なまえ)
あなた
あ゙ー!!行けばいいんでしょ行けば!!
(なまえ)
あなた
ブチッ
(なまえ)
あなた
チッ 老いぼれ共が!!
五条先生
五条先生
何ー?任務?
(なまえ)
あなた
そうだよ!!
(なまえ)
あなた
はーほんと意味わかんない
伏黒
伏黒
(キレてる…)
五条先生
五条先生
どこなの?
(なまえ)
あなた
横浜
五条先生
五条先生
お!近いじゃん!
(なまえ)
あなた
はぁぁぁぁぁ
(なまえ)
あなた
秒で終わらす
(なまえ)
あなた
朱雀すざく
(なまえ)
あなた
じゃ、行ってくる
五条先生
五条先生
いってらー


バサッバサッ

伏黒
伏黒
…いつみてもあなたの術式は凄いですね
五条先生
五条先生
それは僕も思うよ
五条先生
五条先生
(あの素晴らしい術式とそれに対応するように膨大な量の呪力…)
五条先生
五条先生
いやぁ…ほんとにねニヤッ



その頃


横浜

(なまえ)
あなた
あの老いぼれ共…絶対許さん…
呪霊
お゙ぉ゙ぉ゙…??
(なまえ)
あなた
御札の無駄遣いさせんなや!!

ペタッ
呪霊
ザフッ
(なまえ)
あなた
雑魚っ
(なまえ)
あなた
朱雀、帰るよ


バサッバサッ






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


S
S
はいきったー
S
S
ども作者です!朱雀って何だよ!って思ったそこのあなた!!
S
S
朱雀というのは神獣らしいです←
S
S
鳥なので飛びます
S
S
なので、あなたちゃんは朱雀に乗って飛んで移動してるということです
S
S
術式については後々出していく予定です
S
S
閲覧ありがとうございました!