前の話
一覧へ
次の話

第1話

Silkroad❤️
第一話 シルク編
シルク
ねぇ、あなた。
あなた

シルク
今日さ、俺として欲しいんだけど。
俺、最近溜まってて。
シルク
だから、その、
お願いします🙇‍♂️
あなた

コクッ(いいよ)

シルク
ありがと。
じゃあ始めるね。
シルク
(深いキス)
あなた

(あなたは舌を絡ませる)

シルク
かわいい。
シルク
(服脱がす)
シルク
ほら、舐めるよ。
シルク
(胸舐める)
あなた

(あなたは喘ぎ声を出す)

あなた

(あなたは声を我慢しようとする)

シルク
ふふっ(鼻笑い)、声我慢しなくていいよ。
もっと聞かせて。
シルク
(下触る)
あなた

んあぁ、

シルク
あなたって
中いじられるの好きなんだね。
身体が喜んでる。
あなた

コクッ(うなづく)

シルク
素直すぎない?w
かわいいね。
あなた

(あなたはイく)

シルク
あれ、もうイったの?
あなた

コクッ

シルク
やっぱり。中ぐしょ濡れだもんな。
もしかして、さっきから挿れて欲しかった?
なら、悪いことしちゃったかなあ。
焦らすつもりはなかったんだけど。
あなた

はい……

シルク
なんか、ごめんね。
今から挿れてあげるから、許して。
あなた

はい…////

シルク
じゃあ、挿れるよ。
シルク
(挿入)
シルク
あなたって、挿れられるの初めて?
あなた

コクッ

シルク
だよね、
最初はゆっくり動くね。
痛かったら言ってね。
シルク
(動く)
あなた

んっ、あん……///////

シルク
緊張しなくて大丈夫だよ。
リラックスしてごらん。
あなた

ん………///

シルク
気持ちいい?
んっ、うっ、
あなた

気持ちいい、です………/////

シルク
そんなに感じてくれてるんだ。
嬉しい。
シルク
ねぇ、激しくしても良い?
あなた

………

シルク
ごめん、もう我慢できない。
あなた

……激しくして、ください…/////////

シルク
あなたもして欲しかったんだ。
いいよ。
シルク
(激しく動く)
あなた

あんっ!ひあぁ、しりゅく、しゃんっ

シルク
な、名前で呼んでくれた………/////
照れるんだけど。(笑)
あなた

きもちぃ、ですぅっ///

シルク
っ、可愛すぎだろ。
シルク
はぁはぁっ、
どんどん締めつけが良くなってるっ、
んあ、ああっ
シルク
なぁ、そろそろ、っ、
中に、はぁ、はぁ、出して、いい?

俺、お前を、俺のものにしたいから。
ああっ、くっ、
あなた

出してくださひぃ………///////

シルク
じゃあ、出すよっ、
くっ、んっ、うっ
ドクンッ
シルク
はぁはぁはぁはぁ、、、、
あなた

気持ちよかった…………///////








シルク編 終