無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

235
2021/01/17

第3話

3.バラ 宮舘side
付き合ったら記念日に
赤いバラを一本づつ増やしながら渡すと決めていた
本数の意味も関係なく
(なまえ)
あなた
嬉しいありがとう涼太!
宮舘涼太
宮舘涼太
どういたしまして
まだ付き合って1年目だからバラを一本

そこから5年後
俺嫉妬深いのかな?
男子
それでさ………
(なまえ)
あなた
わかるー本当面白いよね!
宮舘涼太
宮舘涼太
(・д・)チッ
俺やなんだよね…あなたが誰かと喋ってんの
だから次の記念日に送るのは
宮舘涼太
宮舘涼太
はいあなた?
(なまえ)
あなた
えっ?黒い…バラ?
宮舘涼太
宮舘涼太
うん
意味は…教えないでおくよフフッ
______________________

意味
【赤いバラ】
 →「あなたを愛します」
  「愛情」「美」「情熱」「恋」「熱烈な恋」

【黒いバラ】
 →「貴方はあくまで私のもの」
  「決して滅びることのない愛」「永遠の愛」