無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

Over 北人side




やっぱりいつもあなたのピンチに駆けつけるのは川村だ




おれはまだあなたのことを全部知らない




川村だけが知ってるあなたがたくさんあって


おれだけに見せるあなたなんてない




おれとあなたはいわゆるカレカノだけど




まだおれとあなたの間には見えない壁がある。








ひとりでとぼとぼ帰りながらあなたのことを考える





あなたは俺のことが好きなんだろうか…




川村じゃなくて自分が幼馴染だったら…



それでもあなたは川村のことが好きだったのだろうか…











ー好きな人の好きな人になれるのはいつですかー