無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

Over 北人side
あなた「へーそーなんだ!!」





帰り道。







そろそろあなたの家に着く







なのになかなか話を切り出せない俺






ほんとダセえ!!!






ダメだもう角を曲がればすぐあなたの家…








北人「ねえあなた、」






立ち止まれば「ん?」って振り返る俺の好きな人







北人「好きです。だから付き合ってくだs…」





えっ





あなた「私も好きだよ、北人くん。」






えまって心臓の音聞こえるって!!





抱きつかないでーーー






やばいあなたの胸が柔らかい/////







もう変な汗かくから!






けど優しく抱きしめ返す









北人「ねえ…キスしちゃダメ?」







あなた「えっいっいっいいよ//////」







俺はあなたにキスした






めっちゃ唇柔らかくて





少し目開ければドアップあなた





顔赤くなっててちょーかわいい






北人「あなた好き」






あなた「私も!」






お互い恥ずかしくて少しの沈黙






北人「そろそろ帰ろっかな」





あなた「わかった////また明日ね////」





俺の方を向いて照れてるあなた






北人「じゃあね」






家の前でバイバイして




幸せを噛み締めながら、





にやけを抑えながら







家に帰った。