無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

Over 北人side
北人「ん〜…」





えっここどこ





先生「目が覚めた?吉野くん大丈夫?」






あっそうだ





ボール当たったんだった…







えっまってあなたとの約束!





急いで時計見るともう5時50分





やべ!





急いで起き上がると





北人「痛…」





先生「ちょっと…少しは安静にしてなきゃ…ほんとは病院行くレベルなのに…もう!」





北人「けど今日はまじで無理ごめんねせんせ」






先生「あっちょっと!待ちなさい!吉野くん!」











あなた…まってて







俺は無我夢中で走った




バン!バンバン!(花火)



えっ…もう6時…?





俺は一か八かで花火大会の会場に行き先を変えた