無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

Over あなたside
おはようございます皆さん





昨日は眠れませんでした。





そして私は決めました。





告白なんてできません。



振られた時のこと考えてなかったんだよね。






いややっぱ無理やねん!





あなた「かずまああああ」





壱馬「なんだよ笑」





あなた「北人くんと仲良くなって好きな人誰か聞いてきてよ!」




あなた「私その人の真似して好きにさせる作戦にしたの!!」





壱馬「…告るんじゃなかったの?」





あなた「私には無理!w」





壱馬「弱虫ーー」(なんだよ〜もうまじで今日から付き合うのかと思ったじゃん)