無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

Over あなたside
壱馬を置いて1人で桜の木の下を学校に向かって歩いていると



壱馬「追いついた〜そんなトボトボ歩いてたら遅刻するで?!」



自転車に乗った壱馬がやっときて




後ろに乗って学校へ直行



壱馬「ちゃんと捕まってて」



あなた「振り落とさないでよ」




壱馬「やばいあと3分で予鈴!行くで〜」




あなた「はーーーやーーーいーーー!!!」















壱馬「はいついた(^^)」





あなた「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、」




あなた「寿命縮まった」









壱馬「うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」





あなた「なに?!」




壱馬「あなたとクラス違う」




あなた「またかよ」




壱馬「俺3組。あなた2組」



あなた「隣やんww」



壱馬「やだああああ」




あなた「うっさい!早く行かないと遅刻!」