無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

Over 壱馬side
あなたは何もわかってない。




俺が同じクラスじゃなくて叫んだ理由。





俺はずっとあなたのことが好きだ。





けどこの関係を崩したくなくて気持ちを言ったことなんてない。






少しアピールしてみてもあなたは鈍感すぎて気づかない







あなたと違うクラスとかもし他の奴に惚れたら?





あなたは俺のじゃなくなる…







ちゃんと監視しときたかったのに…