無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第57話

Over あなたside
私は北人とこんなビミョーな関係続けたくないから


全てを北人に話すことにした




北人「話ってなに??」




あなた「あのさ…うまく言えるかわかんないんだけど、北人なんか私に言いたいことあったらなんでも言って!!」




北人「…………自信ないんだ…」




あなた「自信?」




北人「あなたを幸せにする自信が、ないんだ…」




あなた「えっ?私北人といて楽しいよ?」




北人「ありがとう。けど、、、俺はわかるよ?あなたは川村のことで頭がいっぱいの時があるって。あなたにとって川村はただの幼馴染かもしれないけど川村にとってあなたは幼馴染じゃないんだよ、いつあなたが川村に取られちゃうかな、とかすごい考えちゃうんだよ???あっ…ごめん…」




あなた「…昨日壱馬に告白されたんだ…」





北人「えっ…そっか…」




北人「好きな方を選べばいいよ。俺のことは気にせずに。さっきあんなこと言ったけど、川村のことが好きなあなたと一緒にいたいなんて思わない。川村のことが好きなら川村のところにいけばいいよ。」





北人……




あなた「本当にごめん、、ちょっと、時間をください」