無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

Over あなたside
あなた「今日はありがと。また新学期ね」



壱馬「うん、じゃ」














北人への申し訳なさ





私は北人が好き、


なん、だよね?




なんで疑問形なの



壱馬が女の人と歩いてるの見た時から、

壱馬と話さなくなってから。


そんなの嘘



きっと私はずっと壱馬のことが好きだったんだ…




けど今更そんなの遅い




私は北人の彼女なんだから




北人を悲しませるわけにはいかない