無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

Over あなたside
あなた「壱馬とまたこうやって話せて嬉しいよ」






壱馬「うん。」






壱馬は何を思ってるのか




全然目を合わせない




そりゃそうだよね




何ヶ月も話してなかったんだから





寂しかった…





あなた「ねえ壱馬と話せなくて私すごいさ…」





壱馬「ん?」







あなた「寂しかったよ?」





やばい…泣きそう









涙目で壱馬を見つめると近づいてくる壱馬の顔と後頭部に回される壱馬の手





キスされるってことはすぐにわかった








ふと感じた視線




えっ、ほ、ほくと?





完全に北人だ…なんで?









あなた「んっ…」





壱馬「お前かわいすぎ」





私は北人に見られてることを知りながら




壱馬からのキスを受け入れた












壱馬「帰る?」





あなた「うん」





帰り道はお互い気まずくてほとんど話さなかった。