無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第60話

Over あなたside
気づけばもう冬休みで…





私は昨日心に決めて、北人にお別れを言うことにした





このまま中途半端な気持ちで北人とは付き合えない…


という理由で。





壱馬と付き合うかは…まだわからない










あなた「北人お待たせ」




北人「あっあなた!!遊園地とか楽しみだから早くきちゃった!!」





あれ、、?いつもの北人だ…





あなた「私も楽しみにしてた!!」





最後のデート…楽しまなきゃ!












北人「最後に…観覧車乗らない?」





あなた「うん…」










観覧車乗ってもずっと綺麗な夜景見てる北人





別れを切り出さない私





気まずい雰囲気が私たちを包む






北人はきっと…最初から今日振られることわかってて…





私は結局北人が作ってくれた2人だけの空間で振ることはできず…