無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第69話

Over 北人side



改札口で待ってたら


赤いマフラー巻いてるかわいいあなたが駆け寄ってきてくれた



今度こそ、本当に最後の2人の時間。





あなたは本当に優しい子だから奢らせてくれなかった。





まあそーゆーところが好きなんだけどね



あっ…






好き、だった。








2人のコップの中身も無くなってきちゃったから




北人「そろそろ行こ」



あなた「うん」



















あなた「うわぁ!!!綺麗!!」



北人「綺麗でしょ笑」



あなた「すご〜い✨」




俺が連れてきたのは大きいクリスマスツリーがある駅の南口



きっとあなたはいつも北口しか使ってないから喜んでくれるかな、って思って連れてきた




喜んでくれて嬉しかった








周りはみんなカップルだらけ。




俺たちもカップル。




けど終わりの時間が近づいている。