無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第77話

Over 壱馬side
あなた「壱馬のことが好きみたい」






えっ嘘でしょ?






壱馬「ん?なに?もっかいゆって?」






あなた「えっ、、だから、壱馬のことが好き」







ギュッ









壱馬「あなた大好き」








あなた「私も!」








チュッ









あなた「外だよここ…////」






壱馬「今日何日か知ってる?」







あなた「クリスマスイブ?」








壱馬「時計見てみな」








あなた「あっもうクリスマスだ」









壱馬「最高のクリスマスプレゼント、きたみたい」








あなた「なにドラマでありそうなこと言ってんの笑」






















そんな俺たちを祝福するかのように初雪が降り始めてたらしい







END