無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第48話

Over 壱馬side
壱馬「よいしょっと」



あなたをお姫様抱っこして保健室に連れて行く



熱中症かな…



顔も赤いし…





バン!






あ、リレー始まった





ま、リレーなんかよりもあなたの方が何倍も大事だしね




別にいいや













「お前逃げんなよ」



やべ。



俺カッコつけて喧嘩ふっかけたくせに逃げたって吉野に思われてんじゃね?!




うわ最悪…







壱馬「すいませーん!病人運んできました」



先生「あら…熱中症かしら…」



先生「ベットに寝かせてあげて」




壱馬「はーい」








壱馬「おいっしょと」





あぁあなたかわいそうに






リレー見たかったよな…





お前の大好きなあいつ吉野が走るもんな、