無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第34話

Over 壱馬side
家に帰ると




かわいいあなたの姿




相変わらず浴衣似合ってる





吉野のこと待ってんのか








俺はあえて何も話しかけずに自分の部屋に入ってった。











自分の部屋から隣の家の玄関の前に立ってる浴衣姿のあなたを見る








あいつ何時に待ち合わせしてんだ?





もう5時10分




俺が帰ってきたのは30分前





あんな暑いのに大丈夫かよ








5時半






あなためっちゃキョロキョロしてるし


すごいスマホも気にしてる











えっまてよ…





吉野まだ保健室とか?病院に行った?





まじかよ…






花火が始まるのは6時






もう5時40分






















俺は去年着た甚平を引っ張り出してきて






髪の毛セットした