無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第76話

Over 壱馬side
11時半。





あなたは帰ってこない






壱馬母「運転再開したって!」



あなた母「ほんと!よかった〜、」








壱馬母「ちょっと壱馬!あなたちゃん1人で帰ってくるんだから外で待っててあげなさいよ」







壱馬「ぇ〜」






あなた母「助かるわ!!もう壱馬くん優しいわね!」







壱馬「えっ、はぁ、」





























壱馬「うわ!」




壱馬「あなた…?どした?笑」




あなた「かずまぁ…」




いきなり抱きついてきたあなた。






あなた「壱馬ごめんね」




壱馬「ん?どした?」





あ、ぁぁはい



気持ちには答えられませんでしょ


そーですか




あなた「壱馬大好きだよ」






壱馬「うん。んえっ?」





あなた「今までね、壱馬とねいると楽しいから恋愛感情じゃないと思ってたの、けどね、私」






























あなた「壱馬のことが好きみたい」