無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第63話

Over 北人side
あなたが俺を選ばないことは知ってた。





今日遊園地に誘ったのもあなたが別れを切り出しやすいように






やっぱり俺はあなたのことが本当に好きだから



あなたの幸せを願いたい









観覧車に乗った時の気まずい雰囲気。





あなたはなかなか切り出せないらしくて





俺もあなたに振られるのを待ってた





けど観覧車降りちゃって





どうなるんだろうって思ってた。





今日一日あなたと過ごして




振られるって決めてきたのに



やっぱりできそうになくて




手放したくなくて




今にも消えそうなあなたから逃げるようにして駅に向かった。






あなた「北人!」





やっぱり呼び止められた。






俺は少し時間を使って心を決めて






あなたの方を振り向いた。






あなたの申し訳なさそうな顔






そんな顔すんなよ…