無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

Over 壱馬side
壱馬「もーなんだよーーー
腕絡ませてくんな〜暑い〜〜〜笑」






??「いいじゃ〜ん久しぶりなんだからあ〜てか暑いんだよ!!」






壱馬「いやこっちのセリフだよ笑じゃあ離れろよ笑」









えっ…あなた?








チッまた吉野か







知らねえやあんなやつ






??「ねえアイス奢れよーかずまあ〜」







壱馬「自分で買ってこいよ笑てかうるせえよ笑酔っ払いか」






もうなんなんだよこの女笑笑







あなた…一瞬目があった気がした。









俺が女と歩いててもなにも感じないんだ










まあ、感じるわけ、ないよ、な!






なに期待してんだよ






??「ねえアイス〜」







壱馬「もうわかったよはいはい」