無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

Over 壱馬side
変な男に絡まれてないかなーあなた


心配でしょうがねえ


てか担任の話長えんだよ


早くしろよもう


??「好きな子のことーー?」



は?


なんだよだれだよ



岩翔「隣の席の岩谷です。よろしく」




壱馬「…よろしく」





先生「はい、じゃあこれで始業式終わりまーす」



おっしゃー!



隣のクラスまで約1メートル全力疾走



廊下から隣のクラス覗くと







仲良く知らねえ赤髪の男と話しやがって



なにニコニコ喋ってんだよ



は?なんか男の方に指さされたんだけど




あなたこっち見た




なに笑ってんだよ笑












すぐあっち向くなし


なんなんだよ


あとでアイス奢らせてやる。