無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

Over あなたside
ついに体育祭の日



天候に恵まれたどころじゃなく



天候に恵まれすぎて困ってます。





クソ暑い💦






北人はじゃんけんで負けたらしくリレーはアンカー





そして壱馬もアンカー





リレーが始まる!!




最初は北人のチームがリードしてたけど



だんだん壱馬のチームがリードし始めて、



ほぼ同士で2人がバトン受け取った!!



受け取る前になんか真剣に話してたような…




私の目の前で北人が三センチ早くゴールした




あんな必死な2人の顔…見たことないよ…




インタビュアー「吉野さん、一位おめでとうございます!」



北人「あなたのために走りました。」

北人「川村と、勝った方があなたをもらえる、とかけをしたんです」



えっ北人〜












ヤベェ〜こんなことあったら私死ぬわ〜




本日は暑いためか妄想が止まりません笑



ニヤニヤしながら体育着に着替えてたら北人が来た




北人「おはよ、!」



あなた「えへへ、北人〜おはよ、!」




北人「なんかテンション高いね笑」


あなた「北人のリレー楽しみ!」


北人「頑張るね」


あなた「頑張って!」