無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第59話

Over あなたside
夜ベットに入ってすごい考えた





普段使わない神経と脳みそ使っていっぱいいっぱい考えた











私は、、重大なことに気がついちゃったのかもしれない…








近すぎて、、当たり前すぎて、、そんなの考えもしなかったけど、






私はずっと、もっと前から壱馬のことが好きだったかもしれない、、、、








壱馬に告白された時から、壱馬と話せなくなった時から?




もっと前から好きだったのに…





そんな気持ちに気づかず、



北人と付き合って北人を傷つけて




壱馬も傷つけて……





それで結局北人を振って壱馬と付き合う?




私、サイテーだ。