無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

Over 北人side
女「北人くん!!ちょっと…いいかな」




私と北人くんで話してたらまたよびだし






女「好きです。」






北人「ごめん。俺、好きなやついるんだ。」












北人「ごめん、あなた。なんの話だっけ。」






あなた「ねえ北人くん、なんでいっつも告白断るの?」






北人「…好きな人がいるから。」





あなた「そっか…」





聞いて後悔…







北人「あなたは?好きな人いるの?」







あなた「う、うん。いるよ?」





北人「川村壱馬?」




あなた「えっえっなっ何言ってんの笑」




いやびっくりした〜





北人「違うの?」





あなた「いや違う違う何言ってんの笑」






何慌ててんの私





そりゃあんな一緒にいたら勘違いぐらいされるでしょ…もう何言ってんのよ…










先生「さよーならー」