無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Over 北人side
あなたちゃんほんと面白くてずっと喋ってたら



なんかめっちゃ視線感じる…



廊下から男の子がめっちゃ睨んでくる



北人「ねえなんかあの人にめっちゃ見られる」



そう言って指させばあなたちゃんもその人の方向いて「かずまっ」だって



北人「かずま…?」



あなた「私の幼馴染!」


ふーん



幼馴染ね〜



俺にはただの幼馴染には見えないけどな〜




まあ今のところあっちの一方的な片思いかな




あなた「北人くん」



北人「ん?」




あなた「…って呼んでも、いい?」



北人「北人って呼んでよ」



あなた「えっ…北人くんじゃだめ?」



上目遣い〜〜〜



やっぱかわいいって有名なだけあるな



あざとい



俺があなたちゃんの名前を知ってたのは座席表なんてくだらねえもんじゃない



一年生の時からかわいいって有名で



話してみたいってずっと思ってたら


隣の席だった


噂通り可愛くて


話しやすくて



俺恋しちゃいそっ♡笑


北人「じゃあ最初は北人くんでいいよ」



あなた「ありがと!!」




先生「これで終わりますさよなら」




あなた「じゃね!北人くん、また明日!」




そう言ってあの彼の元へ走ってったあなたちゃん