無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

Over 壱馬side
えっ




は?





そんなの聞いてねえし





壱馬「へー」




あなた「めっちゃ無反応じゃん!なんかアドバイスしてよ〜」





何言ってんのこいつ






好きな人の恋愛相談のるやついる?





いないよな?




いままで俺は、あなたの隣にずっといたくて、振られた時にこの関係が壊れないようにずっとこの気持ちに蓋をしてきたのに…こんな簡単にあなたを取られるわけにはいかない





幼馴染カベがおれのあなたへの感情を邪魔する。






なんなんだよ…




あなた「ねえ壱馬聞いてる?」






壱馬「誰なんだよそいつ」





あなた「おんなじクラスの北人くん。誰にも言っちゃダメだよ?けど北人くんモテるし、毎日いろんな子から告白されてるし、他学年からも人気があって"ダンス王子レッド"なんて言われるぐらいダンスが上手でかっこいいの。私なんか到底無理。しかも北人くん気になる人がいるんだって。」





あなたには申し訳ないけど



その恋が失恋で終わりそうな雰囲気で少し喜んでいる自分がいる





本当に好きなら好きな人の恋を応援する



なんて人もいるけど


俺には到底無理。




何が何でもあなたを俺のものにする。