無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

16
2020/09/04

第3話

不満
ミサンガをしてはいけない
そんな校則があります!






え!ミサンガぐらいいいじゃないですか?




ミサンガは、青春の1つじゃありませんか?
願いを込めながら、足や腕につけて
切れたら願いが叶う。
でも、切れた時には、何を願ったのか忘れてしまう。
そーゆうとこが、ミサンガの楽しみの1つじゃありませんか?
ミサンガしてたって、勉強に支障が出る訳でもないし、別にアクセサリーじゃないのだから、
いいじゃないですか!
私たちの青春奪わないでください!
プラス社会人になってミサンガしてるよりは、
学生でミサンガしてる方がしっくりくると言うか、
なんの違和感も持たない。
今だけなんです!
どうか、お許しください。