無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

168
2021/02/14

第5話

そ の 肆 .
雀 田 さ ん と 烏 野 を 待 っ て い る と 、
白 い バ ス が コ チ ラ に 向 か っ て 来 て い た .

雀「お 疲 れ 様 で し た 、 雀 田 か お り で す !」

澤「3 年 の 澤 村 大 地 で す」

『青 城 の 神 崎 あなた で す』

「青 城 に マ ネ ー ジ ャ ー い た の か…」

「美 人 だ…」

『…?』

「こ っ ち 向 い た っ す よ ノ ヤ っ さ ん !」

「落 ち 着 け 龍 、 こ こ は 良 い と こ ろ を…」


澤 村 さ ん に 挨 拶 し て い る と 、
後 ろ か ら 視 線 を 感 じ た .

振 り 向 く と 2 人 の 男 の 子 と 目 が 合 っ た .
慌 て た 表 情 の 後 、 キ メ 顔 を 向 け ら れ た .


澤「あ ぁ 、 う ち の が す み ま せ ん 。
ほ ら 、 挨 拶 し と き な さ い」

田「う っ す 、 二 年 の 田 中 龍 之 介 で す !」

西「同 じ く 二 年 の 西 谷 夕 っ す !」

『田 中 く ん と 西 谷 く ん ね 、』


二 年 生 の 2 人 と 話 し て い る と 、
会 い た か っ た 人 の 声 が 聞 こ え た .


「あなた さ ん…?」

『っ…久 し ぶ り 、 仁 花 !』

仁「わ っ 、 お 久 し ぶ り で す !」


会 え た 嬉 し さ で 抱 き つ い て も 、
嫌 な 顔 せ ず 笑 顔 を 向 け て く れ た .


西「や っ ち ゃ ん と 知 り 合 い か ?」

田「な ん か 珍 し い な 、」

『仁 花 、 マ ネ ー ジ ャ ー 慣 れ た ?
男 達 に 何 も さ れ て な い ?』

仁「全 然 大 丈 夫 で す よ…?
清 水 先 輩 も 優 し く て !」

『清 水 先 輩 ?』

「私 が ど う か し た の 、 ?」


後 ろ を 振 り 向 く と 、 サ ラ サ ラ な 髪 .
白 い 肌 の 綺 麗 な 女 性 が 立 っ て い た .


『美 人 さ ん だ…』

清「ん ?」

『あ 、…3 年 の 神 崎 あなた で す !』

清「3 年 の 清 水 潔 子 で す 、 よ ろ し く ね」

『…烏 野 に 転 入 し た い ッ』


結 構 本 気 で 思 っ た こ と だ .
絶 対 楽 し い 、 毎 日 幸 せ だ と 思 う .

マ ネ ー ジ ャ ー の 2 人 と 話 し て い る と 、
バ ス か ら 1 人 の 女 の 子 が 出 て き た .


「ち ょ っ と 待 っ て く だ さ い よ ~ !」

仁「あ 、 ご め ん ね 桃 ち ゃ ん…」

桃「も う 、 先 に 行 く な ん て 酷 い よ !」

『…彼 女 は ?』

清「" 赤 井 桃 " ち ゃ ん 。
1 年 で 最 近 入 っ た マ ネ ー ジ ャ ー」


第 一 印 象 、 可 愛 い 子 .
烏 野 は , 美 女 が 多 い よ う で す .

雀 田 さ ん の 声 掛 け に よ り 、
移 動 す る こ と に な っ た .


【追 加 キ ャ ラ】

赤井 桃 ア カ イ モ モ
烏 野 高 校 、 マ ネ ー ジ ャ ー

▫男 好 き 、 イ ケ メ ン な ら O K
▫短 気 で 怒 り っ ぽ い

そ の 他 は , 本 編 に て .