無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

201
2021/02/04

第3話

そ の 弐 .
あなた s i d e _

花「寒 ぃ…」

松「手 袋 は ?」

花「家 に 忘 れ た」

『何 し て ん の よ 、』

a m . 5 : 4 5

松 川 、 花 巻 と 学 校 へ 向 か う
2 人 と は , よ く 一 緒 に 登 校 す る 事 が 多 い

及「あ 、 3 人 共 お は よ う !」

『早 い ね 、 2 人 と も』


学 校 に 着 く と 、
及 川 と 岩 泉 が 到 着 し て い た

学 校 前 に は , バ ス が 止 ま っ て お り 、
及 川 と 岩 泉 の 荷 物 が 入 っ て い た


『寒 い で し ょ 、 先 バ ス 入 っ て て い い よ』

花「あ ー 、 寒 ぃ…後 任 せ る わ」

岩「1 人 じ ゃ 危 な い だ ろ 、俺 も 残 る」

『…岩 泉 こ そ イ ケ メ ン だ と 思 う』

及 川 よ り 岩 泉 の 方 が モ テ る と 思 う
こ ん な イ ケ メ ン が モ テ な い の は 不 思 議 だ

松「そ れ 、」

花「見 習 え よ 、 及 川」

及「な ん で ? !」

『顔 だ け イ ケ メ ン じ ゃ あ ね ( 笑 )』

及「酷 い っ !」

岩「い い か ら 早 く 入 れ 、」

及「ち ょ っ 、 及 川 さ ん も 残 る よ !」

結 局 、 3 人 で 後 輩 達 を 待 つ こ と に な っ た

金「先 輩 、 お は よ う ご ざ い ま す っ !」

国「は よ っ す」


バ ス 前 で 及 川 達 と 話 し て い る と 、
1 年 が 学 校 に た ど り 着 い た

及「お は よ う 国 見 ち ゃ ん 、 金 田 一」

『お は よ う』

岩「先 バ ス 乗 っ と け 、」

金「は い っ !」

国「眠 っ…」

挨 拶 を し た 後 、1 年 は , バ ス の 中 へ
残 る は 2 年 生 だ け と な っ た

『矢 巾 達 、 遅 い ね』

及「何 か あ っ た の か な ?」

矢「す 、 す み ま せ ん…遅 れ ま し た っ !」


中 々 来 な い 矢 巾 達 を 心 配 し て い る と 、
京 谷 を 真 ん 中 に 、 矢 巾 と 渡 が 走 っ て き た


渡「京 谷 が 、 寝 坊 し て っ…す み ま せ ん」

京「…行 か ね ぇ つ っ て ん だ ろ 、」

矢「お 前 っ…先 輩 に 迷 惑 か け る な よ」


京 谷 を 間 に 走 っ て き た 2 人 は 、
息 を 荒 く し て い た

相 当 手 間 取 っ た の だ ろ う


岩「悪 い な 、 矢 巾 , 渡」

渡「い え っ…!」

及「お は よ う 狂 犬 ち ゃ ん !」

京「……」

『お は よ う 、 間 に 合 っ て よ か っ た』

京「……っ す」

及「狂 犬 ち ゃ ん 、 及 川 さ ん に は ? !」


岩 泉 の 言 う こ と は 聞 く 京 谷 く ん
何 故 か 私 の 言 う こ と も 聞 い て く れ る

京 谷 く ん な り の 優 し さ な の だ ろ う か ?


及「溝 口 く ん 、 揃 っ た よ ~」

溝「コ ー チ っ て 呼 べ よ 及 川 、
全 員 揃 っ た な ら 行 く ぞ ー」


全 員 バ ス に 乗 り 込 ん だ の を 確 認 し 、
1 番 後 ろ の 席 へ 座 っ た

朝 早 く 起 き た 私 は 、
す ぐ 眠 り に つ い て し ま っ た .