無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

226
2021/02/04

第2話

そ の 壱 .
及 川 s i d e _

朝 練 の 為 に 体 育 館 へ 向 か う と 、
元 気 な 後 輩 と 可 愛 い マ ネ ー ジ ャ ー


『及 川 、 お は よ う !』

国「及 川 先 輩 、 お は よ う ご ざ い ま す」

岩「及 川 、 今 日 も よ ろ し く な !」

及「う ん 、 皆 お は よ う !」


✿ ✿ ✿


及「…ふ ふ ん 、」

岩「お い 、 何 し て や が る ク ソ 川」

及「う わ 、 岩 ち ゃ ん !」

国「岩 泉 先 輩 は よ っ す」

岩「お ぉ 、 お は よ う」

及「ち ょ…国 見 ち ゃ ん 、 俺 は ? !」

『何 し て ん の ?早 く 着 替 え な さ い』


っ て 言 う の は , 全 部 及 川 さ ん の 妄 想 .

後 輩 は , サ ボ ろ う と す る し 、 乱 暴 .
マ ネ ー ジ ャ ー…可 愛 い 、


及「…可 愛 く は な い な ぁ」

『絶 対 失 礼 な こ と 考 え て る よ ね ?』

岩「い い か ら 早 く 着 替 え て こ い」

及「痛 っ 、 酷 い よ 岩 ち ゃ ん !」


岩 ち ゃ ん に 背 中 を 蹴 ら れ 、
渋 々 着 替 え に 向 か っ た .

着 替 え 終 わ り 、 体 育 館 に 戻 る と
岩 ち ゃ ん が コ チ ラ に 近 づ い て き た


及「…ど う し た の 岩 ち ゃ ん 、
そ ん な ゴ リ ラ み た い な 顔 し て」

岩「お 前 、 何 回 目 だ ?」

及「え 、 何 が ?」

岩「合 宿 の 事 言 え っ て ん だ よ ク ソ 川 !」

及「あなた ち ゃ ん 言 っ て な か っ た の ? !」

『自 分 で 言 う っ て 言 っ て た よ ね ?』

及「………」

岩「…最 後 に 言 い 残 す こ と は 、」

及「…て 、 て へ ぺ r ( (」


言 葉 を 言 い 終 え る 前 に 、
顔 面 に ボ ー ル が 飛 ん で き た


松「御 愁 傷 様 で す」

花「及 川 、ア イ ツ は 良 い 奴 だ っ た ッ…」

『う わ ー ん ( 棒 )』

及「ち ょ 、 な ん で あなた ち ゃ ん m ( (」


何 と か 開 放 さ れ た 後 、
合 宿 に つ い て 話 を 始 め た .

«合 同 合 宿 、 参 加 校»
▫烏 野 高 校
▫梟 谷 高 校
▫音 駒 高 校
▫青 葉 城 西 高 校


及「え っ と 、 明 日 か ら 約 3 週 間 。
合 宿 場 所 は , 梟 谷 だ っ て」

『質 問 、 そ の 顔 ど う し た ん で す か』

及「さ っ き 一 緒 に や っ て た よ ね ? !」


岩 ち ゃ ん と あなた ち ゃ ん に
や ら れ た 顔 は 、 何 と も 醜 い 顔 に な っ た

顔 を 集 中 攻 撃 さ れ た 為 、 体 に 痛 み が な い .
2 人 な り の 遠 慮 な の だ ろ う

及「2 人 な り の 遠 慮 だ と し て も 、
も う 少 し 手 加 減 し て ほ し か っ た !」

国「一 応 イ ケ メ ン ( 笑 ) で す か ら
手 加 減 し て あ げ て く だ さ い」

及「一 応 っ て 何 ? !…と に か く 、
明 日 は 早 く 来 る こ と !」

そ う 告 げ 、 朝 練 が 終 了 し た .