無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

U-FES
絹side


今日は、楽しかった。もっきゅん可愛いかった


もっと続いてほしかったけど。そんなわけないから


そう思うと、悲しくなってくる。
ママ
ねぇ、絹。あの人、確か...
絹
えっ...
ママがみていたさきを見ると。


なんと、もっきゅんだった。
ママ
いってきたら
絹
うん!
絹
あの!
絹
もっきゅんだよね⁉
モトキ
ちょっといい?小声で
絹
うん。
モトキ
ちょっと君のお母さんのとこにつれていってくれる?小声で
絹
わかった
絹
ママぁ
ママ
えっ
ママ
(ナゼ、モトキサンと絹ガ?)
モトキ
どうもっ...!!(フラッ
ママ
大丈夫ですか⁉
ママ
(おでこをさわる)熱い...
ママ
絹、モトキさん、私たちの家にいきましょ
絹
うん...(涙)
モトキ
はあっはぁっ