無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

あとがき
私の語彙力が皆無のせいで、話が繋がらないですね
(汗)


話の流れとしては、

最近少女の出る夢を見る。しかし、なぜ、その夢を


見るようになったのかわからない。


そして、ある夜。


ついに少女の正体を知る。


一番最初に感じていたものとは、お互いの


『好きという気もち』
というわけです
語彙力足りなすぎるので、もっと作ってみたいと思います。

ソレデハッ