無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

669
2021/02/28

第2話

2出会い
星輝
あなたいらっしゃ〜い!!
あなた
ん、星輝ちゃん久しぶり〜
星輝ちゃんはいつも笑顔で迎えてくれる
どんな話でも聞いてくれるし大事な存在
あなた
もう私星輝ちゃんいないと生きてけない
星輝
大袈裟すぎるよあなたちゃん
あなた
急なあなたちゃん呼びトゥンク
星輝
ときめくなときめくな
皇輝
星輝ー
この声はお兄様ですか
絡むと怖いので絡みません
星輝
何?
皇輝
明日なんか予定ある?
星輝
あなたと買い物行こうと思ってたけど?
皇輝
じゃあいいや、ごめん
星輝
皇輝も行く?
ほ、星輝ちゃん!?
皇輝
やめとくわ
言い捨てるようにボソッと告げて戻って行ったお兄ちゃん
星輝
あなたは皇輝のこと嫌い?
あなた
ううん、嫌いじゃないよ
星輝
よかった、皇輝あんなんだから女の人に嫌われやすいの
知ってるよ昔から一緒にいるからなんてことは心の中にしまって一気にお酒を流し込む
星輝ちゃんがいれば将来安定かなーなんて冗談もお酒のせい
星輝
あ、もう帰る?終電の時間じゃない?
あなた
もうそんな時間?明日休みだけど大学の課題溜まってるし帰るわ
星輝
おっけー!皇輝!!今からあなた送ってくるね!!
皇輝
時間考えて声量調節して
星輝ちゃん、絶対に私がいる時に彼を怒らせないでください
お願いします昔見た彼の怒り顔を見たくありません