第59話

王子様みたい。
2,520
2019/09/22 04:09
しゅんすけ。
しゅんすけ。
えぇ、こういうときって、どーすれば、
あなた

なんもせんでええんよ、












あなたside







ひたすらスマホとにらめっこしてる駿佑くん。








多分、こういうの慣れてないんだろうなぁってのが、ちょっと新鮮。

















数十分後。



















ねぇ、










どんだけスマホ好きなんですか。











何分彼女放置してんだよぉ、!!!((













まぁ、私がなんもしないでいいって、言ったからだよね、










でも、やっぱり寂しい。













あなた

しゅ、駿佑くん、?

しゅんすけ。
しゅんすけ。
う、うわぁぁぁ!!!←
ごめんっ、調べてたらおそなったぁ、💦











そういって私の所にかけよってくれる駿佑くん。









痛みと、駿佑くんに迷惑かけられないっていうストレスとプレッシャーで、











情緒不安定になって、思わず泣きそうになる。











あなた

うわぁぁぁっ、駿佑ぐんっ、泣

しゅんすけ。
しゅんすけ。
痛いよなっ、痛いよなっ、((ぎゅー
あなた

………ずっとぎゅーしといて、

しゅんすけ。
しゅんすけ。
ん、ずっといとくから、











そういって私の背中をさすってくれたり、










大丈夫、大丈夫やで、痛いよなっ、って言葉をかけてくれる駿佑くん。










調べなくてもわかってるやん。










しゅんすけ。
しゅんすけ。
俺もこの痛み、わかってあげられればいいのになぁ、
あなた

ふぅっ、駿っ、ぐんっ、

しゅんすけ。
しゅんすけ。
駿くんやでぇ、いるでぇ、あなたの彼氏くんですよぉ、
あなた

………眠たい、

しゅんすけ。
しゅんすけ。
ベット行こっ、












軽すぎ、って言いながらひょいとお姫さまだっこして運んでくれる駿佑くん。










どれだけ王子様なんですか。











しゅんすけ。
しゅんすけ。
はい、ついたで、
あなた

…………手繋いどいて、

しゅんすけ。
しゅんすけ。
んふっ、えーよ、繋いどく、
あなた

………💤

しゅんすけ。
しゅんすけ。
可愛いっ、こんなこと言ったら不謹慎かな、(笑)
あなた

…………駿、くん、

しゅんすけ。
しゅんすけ。
…………あなたのせいやし、
しゅんすけ。
しゅんすけ。
…………おやすみ、














多分キスでもしたんでしょう、












起きたら照れまくってました。













もちろん手を繋ぎながら。





























ねくすと。

がーるずでいのときにおすすめします←

プリ小説オーディオドラマ