前の話
一覧へ
次の話

第1話

➟ Prolog



🐭「あなた、早く!」

🌙「오빠、まって~」

🐭「あなたってほんとに遅い」

🌙「ひ、ひどい!」

🐭「ほら、手繋いであげるから~」

🌙「絶対오빠よりも足早くなるんだもん!」

🐭「楽しみにしてるㅋㅋ」







あれから時間が流れて

まだ幼かった私達は高校生になった



오빠は18
私は16

足は오빠より早くなって


身長もだいぶ伸びて160くらい

身長は오빠よりは小さいけど…

私と오빠は

「変わったね」

ってよく言われる


오빠はあの頃と全然違う


だってあんなに喋ってたのに最近は寝てばっかり

かわいい顔が今はかっこよくなっちゃって

ずごい塩になった
🌙「…やばい」

そんなこと考えてたら8:00







오빠はきっと起きないな…


오빠のせいで今日も遅刻








🌙「起こしに行かなきゃ」






コンコン





部屋に入るとすやすや寝てる🐭






寝顔は変わってないな




🌙「오빠…今日学校休んでいいよ」

🐭「まじで?ずっと寝てていい?」



「今日学校休んでいいよ」


その一言で一瞬で起きたわ


🌙「うん、てかずっと寝てて」

🐭「…」




言わなくても寝てたわ。