第2話

モニタリング①
モニタリングside

今日は三代目 J Soul BrothersのLIVEがある。そこにオードリー春日、堀田茜、小杉が潜入する。どんな反応をするか楽しみだ。

モニタリングside終了
あなたside

今日はLIVEがある。今車で送ってもらっている。あっ!着いた!
車のドアが開く
山縣○○
(降りる)
山縣○○
おはようございます。(春日達の方をチラ見する)
山縣○○
、、、?
山縣○○
(中へ入っていく)
楽屋
山縣○○
おはようございます!
三代目JSB
おはよう!
山縣○○
ペコッ(席に座る)
登坂広臣
なあ。あなた。
山縣○○
どうしました?
登坂広臣
何か玄関に変なカメラマン居たよな?
山縣○○
あー。居ました笑
登坂広臣
だよな。あれ誰だろうな笑
山縣○○
そうですね笑
登坂広臣
今市隆二
臣〜、構って〜!
登坂広臣
、、、
山縣○○
(苦笑い)
山縣○○
頑張って下さい、、、笑
登坂広臣
はあ〜
登坂広臣
(今市の元へ行く)
山縣○○
んー。あ、ボイトレしよ。
山縣○○
あの、ここで歌って良いですか?
三代目JSB
良いよ〜!
山縣○○
ありがとうございます!
山縣○○
じゃあ、、、高音の歌歌お。ランペのOnly one?FANTAのDearDestiny?FANTAにしよ。
山縣○○
♪DearDestiny
絶対に

〜〜〜〜〜〜〜〜

DearDestinyやっと逢えたね
僕が生まれた時から
探してたたった一つのDearDestiny
運命があなただった

(全て歌い終える)
山縣○○
ふぅ。
三代目JSB
👏👏👏
山縣○○
!ペコッ
山縣○○
次は、、、花火かな。
山縣○○
♪パッと咲いて
シュンと散って
夜に打ち上げられた
恋花火
二人照らしながら広がる
零れる火の粉は切なさへと変わって
私の胸熱く染めました
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

パッと咲いて
空に咲いて
夜を飾る火花は
夏花火
それとも恋の炎でしょうか
あなたの心が見てる夜空には今
私が綺麗に咲いてますか

(全て歌い終える)
三代目JSB
👏👏👏
山縣○○
(*^^*)
その後も歌う
山縣○○
そろそろ踊ろっかな。
岩田剛典
踊るの?
山縣○○
はい。
岩田剛典
一緒に踊ろっ!
山縣○○
はい!
Rat- Tat- Tatなどを踊る
山縣○○
ふぅ。終わろ。
山縣○○
岩さんありがとうございました!
岩田剛典
いえいえ(*^^*)
怪しいカメラマンが入ってくる
三代目JSB
???
2分くらい経ったらカメラマン達が帰って行った
三代目JSB
何だったんだ笑
NAOTO
みんな!そろそろリハ行くよ!
三代目JSB
はーい。
ステージに行く
ステージで色々する
山縣○○
(ふと遠い所に目を向ける)
山縣○○
山縣○○
健二郎さん。
山下健二郎
どした?
山縣○○
あそこ。あんな人居ませんでしたよね?
山下健二郎
ん?どこや?
山縣○○
ほら!あそこです!(清掃員が居る所を指指す)
山下健二郎
あー。見えた。確かにおらんかったな。
山縣○○
ですよね。
山下健二郎
ま、気にせんでええやろ。
山縣○○
そうですね笑
そのままリハが終わり、楽屋に戻る
NAOTO
みんな!着替えろよ!
三代目JSB
はーい。
山縣○○
(別室へ行く)
あなたがいない所では、、、
登坂広臣
あなた今日、どんなブラとパンツなんだろ←
小林直己
こら!
ELLY
笑笑
NAOTO
臣くん変態〜!←
今市隆二
臣は俺だろ?←意味深
登坂広臣
キモイ、、、
今市隆二
( ˘ •ω• ˘ )
三代目JSB
岩田剛典
臣さん、分かります。どんなのでしょうね。←
登坂広臣
だよな。←
岩田剛典
襲いたいわ。
登坂広臣
それな。襲ったらどんな顔するんだろうな。
岩田剛典
絶対エロいッすよ。←
登坂広臣
そうだな。←
登坂広臣
声もヤバそうだよな。←
岩田剛典
そうっすね。←
岩田剛典
めっちゃアンアン喘いでそうですよね。←
登坂広臣
そうだな。←
登坂広臣
あなたの(放送事故)に(放送事故)入れたいわ。←
ELLY
ちょ、笑笑
放送禁止用語だぞ笑
岩田剛典
そうっすね。←
岩田剛典
もし入れれたらめっちゃ突きますね。←
登坂広臣
そうだな。←
NAOTO
ふたりとも、岩ちゃと臣ちゃが元気いっぱいだよ。
登坂広臣
え!?
岩田剛典
え!?
二人
ほんとだ、、、ヤバ←
山縣○○
入って良いですか〜?
小林直己
良いよ〜。
山縣○○
はーい。(入る)
二人
ヤバ。
登坂広臣
ちょ、抜いて来て良いっすか。←
岩田剛典
俺も。←
NAOTO
しょうがない。抜いて来い。←
二人
あざっす!←
そうして2人はトイレに行って抜いたらしいです←
ちなみに今の会話は放送されませんでした。←
NEXT→

いやー、ヤバかったね。めっちゃ変態な感じでしたね。ごめんなさい!