無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第3話

2話
68
2022/04/06 14:09


「凛、大丈夫?」
『凛って呼ばないで』

「じゃあなんて呼ぼうか?」

『………』

「…竜胆」

『…!』

「今日からお前は竜胆だ」

「母さんに報告しに行こう」

『でも、兄ちゃんは?兄ちゃんも男でしょ?』

「俺はいいんだ、俺はこれからも蘭だ」

『俺だけごめん、』

「気にすんな、あとありがとうだろ」

『うん、ありがとう』

「母さん、見てよ私の弟、竜胆!」

母【え?凛ちゃんでしょ何を言っているの?】

「ほら、竜胆」

『俺は凛じゃない、竜胆だ!!』

「母さん、竜胆には自由にさせてあげて、竜胆、いつも学校で辛い思いをしてるんだ。」

「母さんは竜胆が辛い思いをすることを望んでる訳じゃあないでしょ」

母【そうね、今までごめんね竜胆】

『いいよ』

『母さん、俺髪を短くしたい。』

『スカートじゃなくて、ズボンを履きたい』

『クラスのやつみたいに柔道や空手をやってみたい』

【わかったわ】













今日、『灰谷凛』は『灰谷竜胆』になった


















お久しぶりです。


実は、主3月24日に小学校を卒業しました!

それでね、自分卒業合唱で、指揮したのよ!すごくない?!(すごくないです。歌いたくなかっただけです。)

まぁね、明後日から中学生になるわけでね

読者様の中で、中学生だよ!って方、色々教えてください!

主と同じで、新中学生だよ!って方、一緒に頑張りましょう!





❤5で更新