無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

血の月
前を見ると、湊の胸辺りから刀身が突き出ている。刀身は湊の血で濡れ、赤い月が更に不気味に見えるように光をさしている。


すると、刀は引き抜かれ、湊がその場に崩れ落ち血を吐いた。
乙葉湊
ゴホッゴホッ……誰だ…っ…!
湊の後ろに立っているのは…ボロボロの黒いパーカーを着て、フードを浅く被っている。
そして、その人はフードを脱ぐ。
神崎舞
……誰だと思う?
舞はボロボロで顔には切り傷が沢山ついて、右手の先からは血が滴っている。
返り血を浴びた顔は真顔で表情が無い。
乙葉湊
どうして、舞が…!
神崎舞
どうしてって生き残ったんだ。
美琴達に落とされてからもずっ
と、ひっそりと。
舞は湊の前に移動する。
神崎舞
血の月って素敵と思わない?
月は綺麗なのに、裏の顔みたい
で凄い素敵だと思う。だから、
湊もそうだよね、いつもは偉く
て優等生。けど、DEATH GAME
が始まってからは裏の顔。
乙葉湊
……。
湊はその場に倒れ込み、細い呼吸を続ける。
神崎舞
バイバイ、湊。
そう言うと、舞は湊にトドメをさした。
そして、俺の方に少しフラつきながら来る。
神崎舞
……柊翔、大丈夫?
倉持柊翔
大丈夫ってお前…っ…!
どう考えても俺より舞の方が重傷だった。
俺は足を撃たれただけ。
舞は見るからに重傷で息も整ってない。
けど、また会えたのが嬉しくて、安心して、
俺は思わず少し足を引きづって近づくと、
抱きついた。
倉持柊翔
マジで何やってんだよ…!
神崎舞
!……ごめん…
少しすると、舞が「え…?」と声を漏らす。
神崎舞
ちょ、ちょっとごめん…
離れると少しフラつきながら走って行く。
俺もゆっくり歩きながらついていく。
完全に差が開き見失いそうになるが、必死に追いかける。
舞は俺達が来た道を走って行く。
真っ直ぐ進んだ先にあるのは…
……舞冬さんの遺体。
舞冬さんが殺された場所に舞が入る。
その瞬間、舞の動きが完全に停止した。
聞こえるのは風で動く木の葉の擦れる音。
舞の右手の先から滴る血が落ちる音。
神崎舞
……に、いさん…?
再び走り出すと舞冬さんの横に座り、身体を揺すっている。
神崎舞
ね、ねぇ、兄さん。嘘だよね?
僕は”また”一人になるの…?
”また”一人…?
やがて、舞は現実を受け入れたようで。
そのまま俯く。
神崎舞
う…うっ……
そのまま、上を向くと舞は思いっきり…
神崎舞
うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!
叫んでいた。
それは俺が初めて見る光景。
初めてあんなに取り乱し大声を出すのを見た
それが、死んで悲しいのか。一人になるのが寂しいのか。俺には分からない。
しかし、その声につられてやってきたのは…
潘野菜々海
あらあら、ここに妹さんが。
舞冬さんを殺した菜々海さんだった。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品にお気に入りをしてくださる方! ありがとうございます!! こんにちは、✨舞✨です! 更新日は決まっていませんがご了承ください😅 《連載中》 『元の世界へ』『復活ゲーム』 『君達の投票で命は決まる』 《予定作品》(内容考え中の作品) 『DEATH GAME 〜1.5〜』 『DEATH GAME Return』 《完結》 『DEATH GAME』シリーズ (?) 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『学校閉鎖』『天才ゲーム』 専用タグ↪︎✨舞✨ 考えがごっちゃになったら作品を消してしまうことが あります!本当にすいません🙇 基本👻ホラー👻を投稿する予定! ぜひ良かったら読んでみてください! ♡やコメントがあると、投稿の励みになりますので いつもしてくれる方、感謝しています!!
ホラーの作品もっと見る
公式作品もっと見る