プリ小説

第23話

許さない
少し遠くにいる俺には興味が無いのか、舞冬さんを挟んで舞の前に立っている。
神崎舞
……。
潘野菜々海
これはお兄さんも妹さんも一緒
に死ねってことじゃないかな?
菜々海さんが銃を降ろし、湊の日本刀を拾うと、舞の前に移動した。
舞は逃げる気力がないのか、虚ろな目で前を見ている。
倉持柊翔
舞、早く逃げろ!!!
神崎舞
…柊翔、僕もう駄目かも……
倉持柊翔
駄目じゃねーよ!!!
神崎舞
……。
潘野菜々海
まぁ、舞。さようなら。
諦めきった舞に向かって刀を振り下ろす。
当たる寸前、走ってきた斗真が舞を突き飛ばすような状態でギリギリ守った。
龍田斗真
い”っ…!!
舞に振り下ろされた筈だった刀は斗真の肩に突き刺さった。
神崎舞
!……
舞が駆け寄り斗真の背中に手を回す。
神崎舞
血が…
龍田斗真
こんくらい大丈夫だ…!
舞は再び俯く。
菜々海さんは斗真の肩から刀を引き抜いた。
斗真の肩からは大量の血が流れ出す。
潘野菜々海
あらあら、外しちゃったわね。
俺はどうにかしないとと思い辺りを見回す。
近くにあったのはさっき転んだ時に落とした
サバイバルナイフ。
ここからは遠い。
さっき舞を追いかけたからそれで俺の足は既に限界を迎えていた。
足を引きづりながら近づき手を伸ばす。
あと少しというところでナイフは俺の視界の上にあがり消えた。
上を向くと、ナイフを持って立っている舞。
倉持柊翔
ま、舞…?
その様子は何処かおかしくて、俺が話しかけても反応がない。
舞の視線の先には菜々海さん。
菜々海さんの視線の先には斗真。
神崎舞
……貴方は許さない…!!
微かに聞こえた舞の言葉。
聞こえたと同時に舞は手に力を入れたみたいで柄にヒビが入る。
そして、走り出すと思いっきり菜々海さんの腕に突き立てそのまま切り裂いた。
潘野菜々海
きゃああああああああ!!!
刺すと同時に舞はそのままその場に倒れた。
そして、夏稀さんがやってきた。
赤井夏稀
柊翔君!
倉持柊翔
え、あ、夏稀さん!
夏稀さんは俺を素早く背負うと斗真達の方に駆け寄る。
赤井夏稀
斗真君、大丈夫!?肩からの出血が!
斗真は肩を押さえながら立ちあがる。
菜々海さんは腕の止血をしようと必死。
舞は…気を失っているのか起きない。
赤井夏稀
無茶しないでって言ったのに!
龍田斗真
ご、ごめんなさい…それよりも
早く逃げないと…!
血が流れているにも関わらず、舞を無傷の方の肩で担ぐ。
赤井夏稀
大丈夫?私が頑張ろうか?
龍田斗真
大丈夫です!意外と軽いので!
赤井夏稀
そっか、じゃあ早く離れよう!
夏稀さんが走り出しその後ろを斗真がついて来ている。
赤井夏稀
う〜ん…舞ちゃんの家に逃げさせて貰おっか…
夏稀さんが選んだのは舞の家。
小さく「ごめんなさい…」と呟くと土足で家に上がって2階の舞の部屋に入る。
赤井夏稀
さて、どうしようか…
倉持柊翔
どうしましょうね…
多分、俺達の血痕で舞の家に逃げ込んだってことは菜々海さんも分かると思う。
だから、どうにかしないと…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品にお気に入りをしてくださる方! ありがとうございます!! こんにちは、✨舞✨です! 更新日は決まっていませんがご了承ください😅 《連載中》 『元の世界へ』『復活ゲーム』 『君達の投票で命は決まる』 《予定作品》(内容考え中の作品) 『DEATH GAME 〜1.5〜』 『DEATH GAME Return』 《完結》 『DEATH GAME』シリーズ (?) 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『学校閉鎖』『天才ゲーム』 専用タグ↪︎✨舞✨ 考えがごっちゃになったら作品を消してしまうことが あります!本当にすいません🙇 基本👻ホラー👻を投稿する予定! ぜひ良かったら読んでみてください! ♡やコメントがあると、投稿の励みになりますので いつもしてくれる方、感謝しています!!