プリ小説

第41話

世界の英雄 side神崎舞
私は園宮猛と電話で話した…いや、違う。
悠哉にメールを見せてもらった時には、私は既に答えを出していた。
……これは大人しく身を引こう。
全人類の命が懸かった一度きりの命令。
私の命と全人類の命、どう考えても全人類の方が重いに決まっている。
しかし、私から考えると私の命も尊いもの。
けど、これで…全人類に私が死んで、おかげで全世界が救われたってなるとかっこいい。
世界の英雄…とか言われちゃったりして?
まぁ、それは冗談だけど…
すると、柊翔が戻ってきた。
大丈夫と言うと、私は電話を切る。
そして、言葉を残した後にベランダから下に飛び降りた。
ここは50階、間違いなく死。
逆に生き残ったら人間か疑いたいところだ。
背中に風を感じる。
けど、地面に叩きつけられたら体がバラバラになっちゃうなぁ…それは嫌だ。
そう言って、取り出したのは、さっき工作をしていて使ってたハサミ。
これで、喉を刺せば…
私は震える両手にハサミを握らせ、喉を出しその前に持ってくる。
あぁ、やっぱり死ぬのは怖いな…
突き刺す寸前、見えるのは走馬灯。
20年間の思い出が一気に振り返ってくる。
兄さんと蒼香との日々。
柊翔と斗真との日々。
燐翔と雪奈、紗奈の日々。
忍、蒼真との日々。
美咲、遼、奏叶との日々。
悠哉と友莉乃ちゃんに出会って。
弥生ちゃんが教えてくれて。
真咲君達と美歌達が一緒に戦ってくれて。
私は色んな人に支えられて生きたね…
そんな全ての人にお礼を言いたい。
「ありがとう。」って私の気持ちを伝えたい。
地獄じゃなくて天国に行けたらいいな…
そう思いながら、ハサミを喉に突き刺した…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

✨舞✨
✨舞✨
いつも作品にお気に入りをしてくださる方! ありがとうございます!! こんにちは、✨舞✨です! 更新日は決まっていませんがご了承ください😅 《連載中》 『元の世界へ』『復活ゲーム』 『君達の投票で命は決まる』 《予定作品》(内容考え中の作品) 『DEATH GAME 〜1.5〜』 『DEATH GAME Return』 《完結》 『DEATH GAME』シリーズ (?) 〜0〜「全ての元凶となったDEATH GAME」 〜1〜「これからDEATH GAMEを始めるよ!」 〜2〜「霧ヶ崎中学校卒業式編」 〜3〜「日本中を巻き込んだ生き残りゲーム」 〜4〜「DEATH GAMEは終わらない?」 『学校閉鎖』『天才ゲーム』 専用タグ↪︎✨舞✨ 考えがごっちゃになったら作品を消してしまうことが あります!本当にすいません🙇 基本👻ホラー👻を投稿する予定! ぜひ良かったら読んでみてください! ♡やコメントがあると、投稿の励みになりますので いつもしてくれる方、感謝しています!!